【ガルマ・ザビ】劇中での活躍や名セリフ・名シーンなど

ガルマ・ザビとは

f:id:hadoutaitei:20180325172629j:image

基本情報

◼︎所属
ジオン公国軍 地球方面軍
◼︎階級
大佐
◼︎職種
地球方面軍司令
◼︎搭乗機
ドップ・ガウ
◼︎年齢
20歳

ザビ家の末弟にして地球方面軍を任される若き司令。母親似の甘いマスクで、ジオン国民からはアイドル的人気で支持されていた。「赤い彗星」シャア・アズナブルとは士官学校時代からの親友である。

ジオンのプリンス

ジオン公国を治めるザビ家の末っ子であるガルマ・ザビは、姉のキシリア・ザビ率いる突撃機動軍に所属していた。

その中でも地球方面軍の司令というポストを手に入れるのだが、彼はこれを家の名で得た地位だと思われたくなく、日々戦果をあげようと考えていた。

f:id:hadoutaitei:20180326235132j:image

地位を利用した傲慢さがなく、努力するその姿はジオン国民から高い人気を集めていた。

しかし彼自身は姉であるキシリアに「合わせる顔がない」と大きな戦功がないことを恥じており、その焦りからシャアが北米大陸に誘い込んでくれたホワイトベースに強い執着をみせる。

指揮官としてのガルマ・ザビ

「親の七光り」ではない事を証明するため、ホワイトベースを攻撃するガルマだったが、これを大隊クラスの戦力で取り逃がしてしまった。
これに攻を焦ったガルマは、指揮官でありながら自ら戦闘機「ドップ」に乗り、前線での戦闘に参加する事もあった。

f:id:hadoutaitei:20180326235423j:image

思う様に武功をあげることが出来ないガルマだが、一方で占領軍の指揮官としては優秀な面を見せている。

占領下の現地住民と友好的な関係を築いており、暴動が起きるどころかパーティーを開くなどして良好な関係を維持している。

f:id:hadoutaitei:20180327001927j:image

さらに前市長の娘であるイセリナ・エッシェンバッハと恋仲である程だ。

しかし、そんなガルマにも最期の時が訪れる。

ガルマ・ザビの最期

ガルマは元来優しい性格の持ち主だったが、それは戦場では甘さとなってしまう。

見失ったホワイトベースを爆撃で炙り出せそうとするガルマだったが、それでも姿を現さない事に焦りを募らせる。

f:id:hadoutaitei:20180326235558j:image

自ら地上に降りてホワイトベースを探し出そうとするガルマをシャアは落ち着かせ、代わりにその役を買って出た。ホワイトベースを見つけ次第シャアがガルマに連絡する算段だ。

地上に降りたシャアはガンダムと交戦し、ホワイトベースを発見。予定通りガルマにホワイトベースの位置を連絡した。

「待っていたぞ、シャア!」と情報を元にガウを移動させるガルマだったが、背後から攻撃を受けてしまう。

そこに居たのはあろうことか、自分が追っていたはずのホワイトベースの姿であった。

ホワイトベース・ガンキャノンガンタンクの総攻撃を受けたガルマは、シャアからの通信で自分が謀られた事を知る。
シャアの笑い声が響く中、ガウを180度回頭。ホワイトベースに特攻を仕掛けるもそれを悟ったブライトに間一髪でかわされ、ガウは爆散した。

f:id:hadoutaitei:20180326235819j:image

ガルマ・ザビの名言・名場面

私もジオンを捨てよう

f:id:hadoutaitei:20180326235520j:image

第10話「ガルマ散る」より。
パーティーに集まった権力者たちを「虫が好かん」と嫌悪するガルマ。しかしイセリナが現れると態度は一変。彼女の元に駆け寄っていく。「戦場でラブロマンスか」とせせら笑うシャアを尻目に、熱く抱き合うガルマとセシリナ。ガルマはホワイトベースを倒した暁にはジオンを捨てる覚悟があると、イセリナに打ち明けるのだった。

シャア!謀ったなシャア!

f:id:hadoutaitei:20180327000104j:image

第10話「ガルマ散る」より。
シャアの口車に乗せられ、真後ろから集中砲火をくらうガウ攻撃空母。ガルマはガウを回頭させ、特攻という最後の意地を見せるが、それに水を差すようにシャアからの通信が入る。「ガルマ、君の生まれの不幸を呪うがいい」ガルマはここで親友に裏切られた事を知った。

ジオン公国に栄光あれー!

f:id:hadoutaitei:20180327000133j:image

シャアに謀られた事を知ったガルマは「私とてザビ家の男だ…無駄死にはしない!」自ら操縦桿を握りホワイトベースに特攻を仕掛ける。ガウが爆発するその時「ジオン公国に栄光あれ!」と叫び、ガウと共に爆散する。恋人であるイセリナの姿を思い浮かべながら。