【ゾック解説】活躍やパイロットなど

ジオン軍の水陸両用モビルスーツとして異彩を放つゾック
しかしその設計はモビルスーツというより、小型のモビルアーマーの部類であったと言います。

今回はそんなゾックの解説です。

ゾックとは

f:id:hadoutaitei:20180224043156j:image

機体スペック

◼︎型式番号
MSM-10
◼︎所属
ジオン公国軍
◼︎全高
23.9m
◼︎重量
167.6t
◼︎ジェネレーター出力
3,849kw
◼︎スラスター推力
253,000kg
◼︎装甲
超硬スチール合金

 

前から見ても後ろから見ても同じビジュアルという、特異な形状を成す水陸両用モビルスーツ。

機体前面と後面に4門ずつ 計8門のメガ粒子砲を持ち、頭頂部にはフォノンメーザー砲1門を備えたその火力はモビルスーツ一個中隊クラスとも言われている。

大火力を誇るモビルスーツであるが、当然その分機体は重くなり、全備重量は229.0t ジェネレーター出力に至ってはザクⅡ4機分にも相当する。

その為、陸上ではドム同様 熱核ジェット・ホバーで移動を行うが、基本的には陸上での機動力は高くない。

ゾック 劇中での活躍

強烈なインパクトを誇る見た目に反し、劇中ではそれほど目立った活躍がなかったゾック。

f:id:hadoutaitei:20180225135211j:image

パイロットのボラスキニフ曹長は、地球連邦軍基地 ジャブローの入り口を発見するという手柄を立てているが、その後の戦闘では単なる移動砲台と化してしまい、ガンダムに手も足も出ず。
ズゴックを駆るシャアの脱出をフォローした際に撃破され、それっきり劇中での出番はなくなった。

f:id:hadoutaitei:20180225135347p:image

因みに脱出を助けてもらった当のシャアは「こんなモビルスーツ使えるのか?」と出撃前に疑問を持っていた。やはりガンダムの世界でもかなり異色のモビルスーツだったらしい。

ゾックのパイロット

ボラスキニフ

f:id:hadoutaitei:20180225135330j:image

階級は曹長。ゴッグのパイロットであるカラハ等と同じマッドアングラー隊の一員。ジャブローの攻略の際は先発隊として出撃し、基地入り口を発見する手柄を立てている。